消臭マイスターの臭いのあれこれ 改

消臭WEB代表高木の臭いに関することや、においのウンチク、消臭情報、日常あれこれ。
<< プラズマ・イオン他空気清浄機についている除菌機能の分解能力 | main | 産業廃棄物処理場のニオイ >>
カビ臭が取れにくい理由とは?
0
    消臭WEB高木です。何時も有難う御座います。

    ようやくOEM商品の生産も終わりが見えてきまして、
    今日でひと段落着きそうな感じですが、明日から来週にかけて
    最後の詰めで油断出来ない感じですね。

    さて、良く頂くご相談でカビについてのニオイの消臭方法が
    問題になりますが、カビというのは正直に言うと
    タバコよりも厄介なニオイになりえます。
    人がいる空間での消臭方法となると厄介度合いが更に上がります。


    というのは何故か?と言いますと、ニオイの悪臭成分の閾値(しきいち)が
    極めて低いからなのです。
    もう少しわかりやすく言うと、空気中に物凄くわずかな量しか無くても、
    ニオイを感じ取ってしまう物質になる為なのです。


    その為、カビ臭の原因となるカビが少しでも残っているとまず
    対策としてはアウトで、いくら消臭剤を使っても完全に
    悪臭成分を取りきることはほぼ不可能ですからニオイを
    感じ取ってしまうのですね。

    カビ臭対策は必ずカビそのもの対策とあわせて行う必要があります。
    カビ取り剤を利用したり(最近は塩素系以外にもバイオ系の物もありますね)
    オゾン等で長時間晒して強力に破壊してしまったりして、
    カビそのものを無くしてから更に消臭作業を行う必要があります。
    (カビをなくしてもニオイが暫く残るという事は当然あります)


    これから寒くなると、温度差や加湿器による結露により
    カビが発生しやすくなるので、できるだけ発生させない様に、
    発生させてしまったら広がる前に早めの処置を心がけて下さいね。


    それでは、また。


    ブログランキングに登録しました!
    よろしければクリックしてあげて下さい。


    人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ
    | | 生活臭の消臭 | 23:20 | comments(0) | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    このページの先頭へ