消臭マイスターの臭いのあれこれ 改

消臭WEB代表高木の臭いに関することや、においのウンチク、消臭情報、日常あれこれ。
<< ポマードの臭い… | main | カビ臭が取れにくい理由とは? >>
プラズマ・イオン他空気清浄機についている除菌機能の分解能力
0
    消臭WEB高木です。何時も有難う御座います。

    今日も朝から作業作業で追われてしまい、
    頂いたご質問の回答が少し遅くなってしまいました。
    ご質問頂いておりましたお客様、申し訳ございません。


    さて、車の消臭サービスの本格稼動を間近に控え、
    かなり多くの車の消臭作業を行っていく中で、今日珍しく
    気になる問題が発生しましたので書いてみたいと思います。


    とある国産メーカーの高級車にオプションでついている
    エアコンの除菌消臭機能(表題にある様な名前の機能です)を
    常時つけていた車の試験を行う際の出来事で、
    作業を行った方から聞いた報告なのですが、
    ドアを開けた瞬間になにやら薬品のような不思議なニオイがし、
    何だろうと思いながら弊社の消臭スプレー(車の消臭サービス専用品)を
    利用して作業を開始し始めた所、その不思議なニオイが強くなったという
    ご連絡を頂きました。


    幸い、その除菌消臭機能を止めてから作業をするとその不思議な
    ニオイはぴたりと止まったということなのですが、
    これは弊社の消臭スプレーの消臭成分もその機能で
    分解されているなと直感的に感じました。

    基本的にシートや天井に定着させるものなので作業自体が
    終わってしまえば特に問題は無いと思いますが、
    こうした機能がついたエアコンなどで利用する場合の
    消臭効果の劣化が無いかは一度調べてみないといけないなと感じました…

    しかし、
    「車のドアを開けた瞬間不思議なニオイ」というのがどうも
    オゾン発生器を利用した時と同じような症状の気がして気になります。

    以前もご紹介したと思いますが、オゾン発生器については
    強力な酸化力を持ちますので密室で、有人空間での連続利用は
    避けるべきです。

    いくら人体には影響を及ぼさない低濃度という
    記載があった商品でも乗っていない時に利用、乗る時には
    機械を止めて良く換気してから乗るというのが良いかと思います。

    本来オゾンはこうした化学的な特性を良く熟知した専門家が
    使うべきものだというのが私の認識です。

    表題にある様な空気清浄機の機能は大手のメーカーさんが相当の
    安全性試験を行ったうえで販売されているものだと思いますので、
    問題ないとは思いますが、車などの狭い密室空間で長時間使う場合は
    若干気をつけて、頻繁に換気するなどの心がけは必要かもしれませんね…

    OHラジカルの効果の出方はオゾンの効果とは違うとあるのですが、
    今回その破壊力を感じる経験でしたので、書いてみました。
    何でも、使い方次第という事に尽きるのでしょうけれど。


    それでは、また。
    | | 消臭方法(全般) | 23:23 | comments(0) | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    このページの先頭へ